スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    利益につながることの裏側のリスク
    2
     長引くタイの洪水。
    青空の下で川のようになった道路を歩く人たち、水に浸かった大量の
    自動車。毎日のように状況が報道されていますが、水が引くことなく
    被害が拡大している様子。

    日本の洪水の感覚からすると、なぜ何日も水が引かない状態が続くの
    か、とても不思議。

    参考:
     株式会社アークビジネスサーチ 洪水被害が、毎年拡大
     
     NHKニュース タイ洪水 なぜ長引くのか
     
     読売新聞 大雨でダム放水増、政争で治水頓挫…タイ大洪水
     

    □□□□□       気になるポイント       □□□□□
    いくつかの記事から、洪水の原因として考えられる点は、人的な原因と、
    雨などの環境の原因と2つに分けることができます。

     <環境の原因>
     ・雨期である6月〜9月に、例年の1.4倍の降水量だった。
     ・雨期が長引き、10月に入ってからも雨が続いた。
     ・冠水した地域は、広大なデルタ地帯→海へ水が排水されにくい。

     <人的な原因>
     ・降水量増加により山間部のダム決壊を防ぐために相次ぎ放水量を
      増やした。
     ・国有林の不法伐採などにより、山林が侵食されている。
     ・何度も洪水被害が発生しているのに、総合的な治水・利水対策が
      頓挫したまま。
     ・首都バンコクを守るために行なった一時的な対策が裏目にでた。

    記事を読みつつ、原因を整理しているといくつか疑問が浮かんできます。

    ・何度も洪水被害が発生している地域に、工業地帯を作ることは適切
     だったのでしょうか?

    ・国の発展のために、工業地帯をつくり、海外の企業を誘致し経済
     発展ということに対する、リスクはどう見ていたのでしょうか?

    ・人的な原因により、被害を拡大しているように見えます。今回の
     ような状況はだれも予測できなかったのでしょうか?

    ・ダムの放水量を増やす前に、事前に対処しておく方法はなかった
     のでしょうか?

    などなど、今の状況だけをみていてもいろいろな疑問が浮かびます。

    利益を優先にして、リスクをないがしろにしたことが根本的な原因の
    ように思います。

    タイの洪水は、どんな組織でもプラス方向の活動とマイナス方向の
    活動のバランスを考慮しておくことの大切さを教えてくれているよう
    に感じます。

    ★組織でのポイント★

    組織の情報システムの導入判断や、組織内の制度でも、利益やコスト
    削減ばかりを優先にして、全体のバランスが崩れていませんか?

    組織内の制度や社内システムに対して、「現状維持したいこと」と
    「改善が必要なこと」を従業員と一緒に整理することで、バランスの
    崩れを発見できるのでは、ないでしょうか?


    ※2011年11月07日に配信したメールニュースと同じ内容です。
     メールニュース配信希望の方は、ml-news@cdns.co.jpまでご連絡ください。

    | コンサルタント | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 14:23 | - | - | - | - |
      コメント








      トラックバック