スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    便利さの裏側にあるものは?
    1
    アイドリングストップ機能付きの車が、どんどんと販売されています。

    この間、アイドリングストップ機能付きの車に試乗してきたのですが、
    技術の進歩を実感すると共に、少し恐怖を感じました。

    アイドリングストップ機能は、メーカにより少しずつ異なるかもしれませんが、
    試乗した車は、以下のような仕様でした。
     ・ブレーキを踏んで一定速度以下(おそらく時速5キロくらい)になるとエンジンが停止。
     ・ブレーキを放すと、エンジンが始動。
     ・一定時間(エンジンが温まるまで?数分間)走らないと、アイドリングストップ機能は
      有効にならない。
     ・アイドリングストップ機能をオフにすることも可能。(燃費は向上しない)

    たとえば、コンビニなどの駐車場に駐車したときに、エンジン音が止まった
    ことで自分でエンジンを止めたと勘違いして、下車してしまったら、、、

     「無人の状態で勝手に車が動き出す」

    という可能性があるのです。

    駐車時に、サイドブレーキを引いたりや、ギアをパーキングに入れるというような
    操作を当然するはずですが、その操作を万が一忘れてしまったら、と思うと
    ぞっとしました。

    自動的にアイドリングストップすることにより、運転手の手を煩わすことなく、
    ガソリンの消費を抑えて、燃費を向上。その上、環境にやさしい。
    と利点は、たくさん。

    利点ばかり、目立っているように思いますが、以下のような欠点があります。
     ・短距離の運転を繰り返すとバッテリーが十分充電されない可能性あり。
     ・駐車のときに確実にエンジンオフにしないと事故の危険あり。

    どのくらいの人が、利点の裏側にある、危険度を認識しているのでしょうか?

    車の例でもわかるように、便利なものの裏側には、同じくらいの危険度が
    潜んでいることを、認識することが大切です。

    ★組織でのポイント★

    車を例に挙げましたが、
     スマートフォンやクラウド環境、
     無線LANのフリースポット、
     ビジネスホテルのインターネット接続環境、
    など、仕事をする環境がどんどん便利になり、いつでも、どこでもメールを送受信したり、
    情報を検索したり、場所に関係なく仕事ができることが当然になってきています。

    ・仕事で使っている便利な道具、サービスに、どんなリスクが潜んでいるか、
     把握していますか?
    ・利用している道具、サービスの機能をちゃんと把握していますか?
    ・組織で、リスクを低減したり、回避する方法を、考えていますか?

    | コンサルタント | 13:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 13:10 | - | - | - | - |
      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      Posted by: - |at: 2011/08/28 2:50 PM








      トラックバック