Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    マネジメントシステム監査員検定
    0
      財団法人 日本科学技術連盟が行なっている監査員の力量向上を
      目的とした、「マネジメントシステム監査員検定」というのがあります。

      今年の2月に第一回マネジメント監査員検定が行なわれたという
      できて間もない検定です。
      2月の検定問題と解答・解説集が、6月に発行されました。

      マネジメントシステム監査員検定は、審査機関の監査員用ではなく、
      ISOの内部監査や取引先の監査を行なう人を対象としたものです。

      内部監査は、自分で実施する体力測定や健康診断のようなものです。

      体力測定で、自覚していなかった体力低下が発覚したり、
      健康診断で、隠れメタボ(内臓脂肪がたっぷり)であることが発覚したり、
      自分は大丈夫と思ってたことを、顕在化することができます。

      内部監査も同じで、
       「自分の組織は大丈夫と思っていたけれど、、、まだまだ改善点があるな!」
      ということを発見できる活動です。

      内部監査により、「経営のヒント」を発見するためには、
      内部監査員の力量と個人的な資質が重要です。

      <ISOの内部監査に必要な力量と個人的な特質>
       ・客観的な視点を持って判断できるか
       ・公平な判断ができるか
       ・監査に必要な知識や技能を備えているか
       ・マネジメントシステムの要求事項を理解しているか
       ・組織のマネジメントシステム関連ルールを理解しているか

      ★組織でのポイント★
      いきなり内部監査が完璧にできる人は、なかなかいないはずです。
      「経営のヒント」を発見するために、検定を活用して内部監査員の
      育成に役立てては、いかがでしょうか?


      | コンサルタント | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |